お知らせ 国内外での朗読パフォーマンスを通じた表現活動を続けていきます。現代短歌 歌人 北久保まりこ

北久保まりこ プロフィール

北久保まりこ

東京都生まれ
東京都三鷹市在住
日本文藝家協会会員
日本PENクラブ会員
現代歌人協会会員
日本歌人クラブ会員
心の花会員
Tanka Online Project
Tanka Society of America

和英短歌朗読15周年記念動画
新作英文短歌
Spoken World Live発表作品

北久保まりこ

当サイトはリンクフリーです。
左のバナーをご利用下さい。

歌人  北久保まりこ
お知らせ

アメリカの英語俳人として世に識られた親友 Deborah P Kolodji氏とともに、二人で編み出した全く新しい詩歌文学のジャンル*「Tan-Ku」の本『DISTANCE』が、2023年4月Shabda Press社より発行となります。

*「Tan-Ku」
短歌と俳句 (又は俳句と短歌)が交互に編まれる形の文学。短歌・俳句がそれぞれ二作品以上の場合をSequence(連作)、一作品ずつの場合をSet(セット)と呼び、どちらもタイトルを伴った形で完結する。

2023年02月02日(木)

現代歌人協会編『続 コロナ禍歌集』2021年〜2022年(短歌研究社)、59ページにご掲載下さいました。

ありがとうございました。

改めて、この世界的な疫病に立ち向かい、ある部分は慣れながら永らえた月日を思います。

著作権の観点から、他の会員名、所属、作品はモザイク加工を施させて頂きました。

20230116_Gendai_Kajin_Kyokai_01.png

 

20230116_Gendai_Kajin_Kyokai_02.png

 

 メディア掲載のトップへ戻る

2023年01月17日(火)

12月25日(日本時間12月26日) Deborah P Kolodji氏との共作、英俳句・英短歌 (Tan-Ku) セットが、Scalet Dragonfly に掲載されました。

EditorのKathleen Trocmet氏に心より御礼申し上げます。

https://scarletdragonflyjournal.wordpress.com/2022/12/25/the-color-red/

scarlet_dragonfly.jpg

The Color Red

a fir tree
in the maple forest
forever
green . . .
melancholy (M)

dressing up drab clothes
with Christmas bling
I feel like singing (D)

— Mariko Kitakubo, Japan / Deborah P Kolodji, USA

 

 メディア掲載のトップへ戻る

2022年12月26日(月)

California Quarterly Vol,48 No,4 Winter 2022の40ページに、Deborh P Kolodji氏 との共作Tan-Ku Sequence, The Queen Mary が掲載になりました。

本詩誌のEditorであり、共にTan-Kuを産み出した親友のDeborah P Kolodji氏に心から感謝致します。

20221214_01.jpg

2022年12月15日(木)

TSA(短歌ソサエティオブアメリカ)Ribbons 最新号 Fall 2022 Volume 18, Number 3に私の作品が掲載されました。

同誌 The Tanka Studioに採用してくださったAutumn Noelle Hall氏にお礼申し上げます。

こちらをクリックして掲載作品をご覧ください。

2022年12月09日(金)

令和5年版 角川『短歌年鑑』、「自選作品集」にご掲載賜り、大変光栄なことと存じます。
ありがとうございました。

作品は2021年、いりの舎『うた新聞』霜月作品集にご依頼頂きました連作「かくし神」です。

202212_kadokawa_tanka_yearbook.jpg

かくし神

・立夏より立秋愛(かな)し 病弱な母が私を産みたりし秋

・勾玉はいのちのかたち縄文の翡翠にやどる姫川の祇

・隠し神雲に触れしか 大いなる指紋をのこす秋空の青

・アキアカネ肩に休ませ石仏が観音原に頬杖をつく

・かくし神あらば守りの神あらむ 山路をてらす良寛の月

はや3年目も暮れようとする国境の無い病魔との奮闘に加え、戦、それに纏る物価高騰と、度重なる災いに見舞われる今、生き延びようとする生き物、種としての、本来の適応力が問われていると感じます。
柔軟さ、忍耐強さと感謝を忘れず、新たなる歳を迎えたく存じます。

2022年12月08日(木)

北欧への朗読の旅の短歌が、オーストラリアの短歌専門誌Eucalypt 2022年Issue 33に掲載されました。
EditorのJulie Anne Thorndyke 氏に、心から御礼申し上げます。

掲載作品はこちらをご覧ください。

2022_Eucalypt_Isssue_33.jpg

long flight
to Stockholm
july 2022
avoidance
of Russian airspace

2022年12月08日(木)

#FemkuMag に Ms. Deborah P Kolodjiとの共作 Tan-Kuのセット"Coming of Age"が掲載されました。

FemkuMag_cover.jpg

 

FemkuMag_p44.jpg

FemkuMag_p43.jpg

 

Coming of Age

angel hair pasta
her baby tooth
beneath a pillow (D)

first kiss
under the olive tree,
garden party
on this mellow
summer solstice (M)

Deborah P Kolodji and Mariko Kitakubo

 

 

2022年11月21日(月)

短歌研究の『短歌研究年鑑2022』、総合年刊歌集「2022年の1万首」(2000歌人 X 5首)に掲載になりました。

大変有り難く光栄なことと受け止め、今後の作歌活動、表現活動の糧と致したく存じます。

01_TankaKenkyu_2022_yearbook.jpg

 

03_Tankakenkyu_2022_yearbook.png

  

・大好きな姉さま乗せて走り去るサイレン憎し土砂降りの夜  

・天窓に銀砂となりてそそぐ月 主無き部屋ガランと広し
 
・幾晩を経しやわが身も熱を帯び震へ止まざる身をまるめゐつ

・時間とは如何なる流れ 懐かしき笑みをやうやくつくりし主  

・このまんま命果てても構はない この手の内がわたくしの家

 

作品詳細は、ながらみ書房『短歌往来』2021年11月号にご依頼頂いた特集〈動物( ペット)を詠む〉より「わたくしの家 by the cat」中からの抜粋です。

2022年11月21日(月)

日本ペンクラブ会報特別号 『ペンの力』に今夏北欧で詠んだ歌をご掲載いただきました。

202209_01.jpg

 

202209_02.jpg

 

旅2022.7

ロシアなる大国領空回避せり白夜に眠るスカンディナビア

民間機撃墜の懸念拭はれず 北極洋上経てヘルシンキ

鍔広のパナマが風に攫はれぬバルトの海の藍遥かなり

宇宙から視えぬ地球の国ざかひ 神の視点はいづこに有りや

これらは、今夏三年ぶりに国外の朗読企画団体に招かれ、北欧で詠んだ歌の一部である。

2022年11月04日(金)