お知らせ 国内外での朗読パフォーマンスを通じた表現活動を続けていきます。現代短歌 歌人 北久保まりこ

北久保まりこ プロフィール

北久保まりこ

東京都生まれ
東京都三鷹市在住
日本文藝家協会会員
日本PENクラブ会員
現代歌人協会会員
日本歌人クラブ会員
心の花会員
Tanka Online Project
Tanka Society of America

和英短歌朗読15周年記念動画
新作英文短歌

北久保まりこ

当サイトはリンクフリーです。
左のバナーをご利用下さい。

歌人  北久保まりこ
お知らせ

20201021_01-min.jpg
PST 10月21日4:00pm~(日本時間の10月22日8:00am~) Kathabela Wilson氏主宰のWednesday Poetry Zoom Meetingに参加、新作の短い連作短歌を朗読致しました。
20201021_02-min.jpg
芸術の秋に相応しく、其々が独自の視点で表現した絵画、画像、音楽、詩歌にふれることができた、中身の濃い二時間半でした。
20201021_03-min.jpg
皆様ありがとうございました。
20201021_05-min_r2.jpg
 
20201021_04-min.jpg
藤田東湖による『瓢兮の歌』より一部を、科学者だった亡き祖父 田中仁が、趣味で88年前に書きましたもの。死後に親族が軸とし遺しました。
体調を崩し会社を部下に任せていた折で、思うように筆が運ばず巧くいかなかったと言ったとのこと。
今頃になって孫娘が掛けますことを、天で許してくれますように祈ります。

2020年10月23日(金)

日本時間9月30日10時am~(PST9月29日6時pm~)約一時間半、和英短歌朗読による海外短歌紹介活動15周年記念イベントをZoomで致しました。

PSTのゴールデンタイムでしたため米の選挙討論会と重なりましたにも関わらず、多くの聴衆に恵まれました事は、思いがけない幸いでした。

本年(2020年) 世界中が直面しているコロナ禍で編みました新しい連作 DeborahP.Kolodji氏との共作四作品と、KathabelaWilson氏との共作一昨品、そして私の連作五作品という、全十連作のプログラムをご堪能頂き、皆様より身に余るご感想を賜り、大変有り難く存じました。

パフォーマンスの既発表作品部分の録画を公開いたします。

この企画全体にご尽力下さいましたDeborah P Kolodji 氏、タンブラ、尺八、インドの笛のBGM演奏をしてくださいましたKathabela. Rick Wilson 夫妻に、心から御礼を申し上げます。又、ご参加者への注意事項の告知等を担当してくださいましたDeborah氏のお嬢様Yvette氏にも感謝致します。

インド、タンザニア、英国その他ヨーロッパ地域の時間に合わせた、同イベントも企画致したく思います。

20200930_01-min.jpg

 

20200930_02-min.jpg

 

20200930_03-min.jpg

20200930_04-min.jpg

途中から参加された方々の画像は無く申し訳ありません。

2020年10月19日(月)

来る11月16、17日(アメリカ東部標準時)、Bridgewater International Poetry Festival Fall 2020 Virtual Event に5分の動画で参加することになりました。

オンライン イベントの詳細は、画像をクリックしてイベント案内ページをご覧ください。

BridgewaterInternationalPoetryFest2020-min.jpg

2020年10月15日(木)

20201014_01-min.jpg
PST 10月14日4:00pm~(日本時間10月15日 8:00am~) Kathabela Wilson氏主催のWednesday Poetry Zoom Meeting に参加、和英短歌朗読を致しました。

2020年10月14日(水)

20201012_01-min.jpg
PST10月11日4:30pm(日本時間10月12日8:30am)~ Maja Trochimczyk氏 主宰によるZoom Reading Eventに参加し、Anthologyに掲載されました英短歌の連作「Borderless Prayer」を朗読致しました。
20201012_02-min.jpg
今回は先方のバーチャルイベント10回記念の節目でもあり、アンソロジーに掲載されました皆様と共に参加でき、大変光栄でした。
20201012_03-min.jpg
下記はWebsiteより転載です。

FLINTRIDGE BOOKSTORE PRESENTS VIRTUAL CELEBRATION OF 10TH ANNIVERSARY OF VILLAGE POETS READINGS.

WE ARE HERE: VILLAGE POETS ANTHOLOGY

MAJA TROCHIMCZYK & MARLENE HITT, EDITORS

2020年10月12日(月)

友人の詩人 Vessislava Savova 氏よりご招待いただき、10月4日より、Facebookにて詩歌マラソンに参加しています。

これは8日間、つながりのある詩人を二人ずつ招待しながら自身の作品を1篇ずつ投稿していくというプロジェクトです。このプロジェクトに投稿された詩歌はロシア語に翻訳され、ロシアのアルマナックに掲載されるとのことです。

20201009_day8-min.jpg

20201009_day7-min.jpg

20201009_day6-min.jpg

20201008_day5-min.jpg

20201007_day4-min.jpg

20201006_day3-min.jpg

20201005_day2-min.jpg

20201004_day1-min.jpg

2020年10月08日(木)

大変光栄なことに、私の英短歌数首がアメリカ時間10月3日に開催されたNick Virgilio Haiku Association, Collingswood Book Festivalのステージにて朗読されました。

偶然ではありますが、誕生日にこのお知らせを賜りとても嬉しく思います。

寄稿を促して下さった親愛なるRobin Palley氏、そしてSocietyに心から御礼を申し上げます。

(下の画像をクリックするとイベント紹介のFacebookページが開きます)

20200103_NVHA_01-min.jpg

2020年10月07日(水)

『脱原発社会をめざす文学者の会』(代表 加賀乙彦 ) 会報第19号に、コロナ禍を生きる者の一人の言葉と思いとして、私のエッセイ「心のありかた」が掲載されました。

私の所属短歌結社「心の花」主宰 佐佐木幸綱先生のご承諾を得て、歌集『テオが来た日』より作品を引用させて頂いております。

本来ですと、原作通り 一首一行で表記すべき所を、紙面一行の文字数の関係上、二行表記となりましたことをお詫びし、ご報告致します。

20201005_01-min.jpg

掲載紙一部抜粋
(クリックすると拡大画像をご覧になれます)

20201005_02-min.jpg

20201005_03-min.jpg

2020年10月06日(火)

海外での朗読活動15周年を記念して、オンライン朗読イベントを開催する運びとなりました。
今回のZoom イベントはDeborah P Kolodji氏がご手配くださいました。

日時: 9月29日午後6時(USカリフォルニア時間)、30日午前10時(日本時間)

2020年09月25日(金)

20200923_01-min.jpg
アメリカ時間9月23日4時pm (日本時間9月24日8時am) Kathabela Wilson氏主催によるWednesday Poetry Zoom Meeting に参加、 英俳人Deborah P Kolodji 氏と共に編み、丁度昨夜完成したばかりの俳句&短歌連作「Wish List」を朗読致しました。
20200923_02-min.jpg
カリフォルニアのDeborah氏と東京の私の間に目に見えぬ虹がかかっているかのように、互いに触発し合い連作を紡いで行く楽しさは、何物にも替え難いものでした。
20200923_03-min.jpg
平素のような Rick Wilson氏の笛演奏と Robert Stewart氏の絵画に加え、Deborah氏により サ偶然に撮影されたサンタフェの壁画の画像などにもふれる 大変中身の濃い芸術的なひとときでした。
20200923_04-min.jpg
 

2020年09月23日(水)